キュッとバルーン

イヌで練習

 

『はじめにイヌありき』
すべてはイヌから始まります。
たらこひねり3回で出来る単純なバルーンです。
しかし単純ゆえにごまかしが効きません。
最初の方のバブルを大きく作り過ぎると後ろ足が短くなったり、
逆に最初の方のバブルを小さく作りすぎると
尻尾がたくさん余ってキツネのようになってしまいます。
たらこひねりだけではなく、バブルの大きさを調整する感覚も
イヌで身に着けてください。

 

風船に空気を入れてください。
ほぐした状態で風船の尻尾が10cm残るぐらいです。(バルーンをほぐそう参照)

※各バブルに番号を付けておきます

9cmのところでひねってバブル(1)を作ってください。

 

バブル(1)を左手の小指、薬指で押さえたまま2、3を作ってください。
各9cmぐらいです。

 

2、3を重ねてたらこひねりにしてください。

 

イヌの顔が出来ました。

 

9cmぐらいのバブル(4)を作ってください。
これが首になります。

 

続けて9cmぐらいで5、6と作ってまとめてたらこひねりにしてください。
これが前足になります。

 

イヌの上半身ができました。

 

最後に尻尾(10)がそれなりに残るぐらいの大きさで8、9を作って
たらこひねりにしてください。

 

これが基本のイヌです。

 

完成したらぜひ写真を投稿してみてください。

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.