キュッとバルーン

プードルで練習

 

特に変わったひねり方はありませんが小さいバブルを作る練習になります。
頭と体の大きさの比率を制御できるようになってください。

 

260の風船に40cmほど空気を入れてください。
ちょっとほぐして風船のしっぽが17cm余るぐらいです。

 

※各バブルに番号を付けておきます

5cm、3.5cmとバブルを作ってください。
それぞれ顔(1)、後頭部(2)になります。

 

続けて6cm、3.5cm、6cmとバブルを作ってください。
それぞれ耳(3)、頭(4)、耳(5)になります。
そして3と5をまとめてひねって下さい。
このときまだバブル(1)をしっかり小指で押さえていないとバラけます。

 

そしてバブル(3、4、5)の輪の中に顔(1)だけ突っ込んでください。
このとき後頭部(2)まで突っ込まないように気をつけてください。

 

すると絶妙なバランスで顔が耳と耳の間にはさまれます。
後ろで後頭部(2)がつっかえているのが見て分かるでしょうか?

 

2.5cmのバブル(6)を作ってください。
これが首の部分になります。

 

5cm、2.5cm、2.5cm、5cmのバブルを4つ作ってまとめてひねってください。
これが前足(7、8、9、10)になります。

 

上半身が出来ました。

 

ここから残っている空気と相談しながらバブルを作っていってください。
残り空気が少なかったら胴体と後ろ足を小さく作らないといけません。
今回は胴体(11)を5cmで作ります。

 

前足と同じように4つのバブル(12、13、14、15)を作ってまとめてひねって下さい。
ただし次に作る尻尾の分の空気は残しておいてください。
これまでに上半身を大きく作りすぎていると後ろ足が小さくなってしまいますよ?

 


これでほぼ完成です。

尻尾を作りましょう。

バブル(16)の真ん中をつまんで空気の半分を尻尾の先に移動させてください。

 

プードルの出来上がりです。

 

オマケ

尻尾を作るときバブル(16)を両手で包み込んで握ってやったら
尻尾の先(17)がプクッと膨らみます。
バブル(16)を包み込んで握るときに尻尾の先だけ出しておくのがコツです。

 

16が小さくなりすぎると萎んで消えて後ろ足がほどけてしまうので注意してください。

 

完成したらぜひ写真を投稿してみてください。

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.