キュッとバルーン

バルーンをほぐそう

 

さて、バルーンを作ろうと風船に空気を入れて口を結んだ後、
怖くてひねるのが怖いことはありませんか?
バルーンが異様にパンパンで。
特に結び目付近が異様に太いとか。
古くなった風船やメタリックやパールの風船にありがちです。

これはバルーンを長く膨らませるほど顕著に現れます。
ハートを作るときなんかこんなもんです。

こんな状態でひねるのはとても怖いですよね。
チューリップひねりで結び目に人差し指を突き刺しただけでドカンと行きそうです。
まるで北○神拳。

バルーンが硬くなり過ぎているのです。
こんなときビビリの管理人はバルーンの緊張をほぐしてやることにします。

結び目あたりを左手で押さえて、左右均等にバルーンに圧力をかけて、
空気を先の方向へ逃がしてやるのです。
ほぐしが足りなかったら別のところに圧力をかけて中の空気を分散します。

握り過ぎると返ってひねりにくくなるので必要に応じてバルーンの硬さを調整してください。

いきなり真ん中を握って圧力をかけると
空気がパンパンになった結び目付近に逃げていくので
結び目付近に手を添えて圧力をかけた方がいいです。

なおこの方法はバルーンを作っている最中にも有効なので、
作っているときにだんだん怖くなってきたら随時バルーンの緊張をほぐしてやってください。

 

 

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.