キュッとバルーン

レッドポンプの手入れ

皆さん、レッドポンプを使ってますでしょうか?

レッドポンプは値段の割りに壊れにくく、
かつ毎回一定量の空気を入れることができるので、
きっちりした正確の人にとってとても重宝します。

しかし長く使っていると、なんかどこか空気が抜けているんではないかというような、空気の入りが悪くなる感じになります。
それはレッドポンプの中にほこりが溜まっている可能性があります。

なのでたまにはレッドポンプを自分でメンテナンスしてみましょう。

レッドポンプのシリンダー(筒の方)の背中の方に4つのつめが着いてるのが分かるでしょうか?
いつも空気を入れるのにポンプを引いた時、プランジャー(空気を押し出す棒の方)がここに引っかかって止まっております。

この4つのつめをはさみの先か何かでほんの少し起こしてください。
加減を間違えるとつめが折れるので注意してください。

 

シリンダーからプランジャーを引き抜いてください。
引っかかっている場合はグリグリしながら引き抜いてください。

 

プランジャーの先にほこりまみれの黒いパッキンが着いているので、
それを取り外して掃除してください。

 

そしてまたパッキンをプランジャーにつけてください。
パッキンにグリスを塗っておくとさらに効果的です。

 

さあ、プランジャーをシリンダーに戻す時に困ることがあります。

プランジャーの浅い溝(写真右側)と深い溝(写真左側)のどちらにつめが引っかかるようになっていたのか忘れてしまうことがあります。

深い溝の方につめがひっかかるようにしましょう。

※しかしわざと浅い溝につめがひっかかるようにして微妙に空気を少なくする調整法があります。

パッキンを掃除した後もなんか空気が抜けている感じがしているならどこかにひびが入っている可能性もあります。

以上がレッドポンプのメンテナンス方法ですが、
その他のトラブルに出くわした際の解決法も記しておきます。

 

プランジャーが外れやすくなった場合

つめが緩々になって空気を入れようとしたらプランジャーが引っこ抜ける場合があります。
その際はつめが勝手に起きないようにビニールテープでグルグル巻いておきましょう。

 

重くて空気を入れにくい

はさみの先でポンプの先をグリグリ広げてやりましょう。
ほんの少し広がるだけでものすごく軽くなります。

またハイフロート入りの風船を膨らませたあとはよくハイフロートが詰まっているので、
それもはさみの先で取り除いてやりましょう。

 

一定量の空気を少しだけ入れたい

図のようにプランジャーの途中をにビニールテープを分厚くグルグル巻きにしてやりましょう。
ビニールテープがシリンダーに引っかかってちょうどいいところで止まります。

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.