キュッとバルーン

ちっちゃいうさぎ

 

 

使う風船

260白 1本

ちっちゃいうさぎは260一本で作ることができます。
しかし、一本で何もかも作ってしまうため、バブルの大きさの配分がシビアになってきます。
出来たらラッキーと言った感じに、運試し気分で気楽に挑戦してみてください。

 

完成したらぜひ写真を投稿してみてください。

 

作り方はこの下より


260白に30cm空気を入れてください。

 

3.5cmのバブル(1)を作ってください。
これが顔(1)になります。

 

  

6cmのバブル(2、3)を作ってたらこひねりにしてください。
これは耳(2、3)になります。

 

2.5cmのバブル(4)を作ってください。
これは首(4)になります。

 

  

3cmのバブル(5)を作ってしぼりひねりにしてください。

 

  

もうひとつ同じもの(6)を作ってください。

これで両手ができました。

 

  

6cmが5cmに縮むぐらいのしぼりひねりでバブル(7)を作ってください。
これは胴体(7)になります。

 

  

3cmのバブル(8)を作ってしぼりひねりにしてください。
これは尻尾(8)になります。

 

1.5cmのバブル(9)を作ってください。
とにかく小さなバブルです。

 

  

3cmのバブル(10)を作ってしぼりひねりにしてください。
これは足(10)になります。

 

10cmが6cmに縮むぐらいのかなり強めなにぎりひねりでバブル(11)を作ってください。

 

そのまま輪ひねりにしてください。
必ず輪ひねりの形にしてください。

ポイント:しぼりひねりみたいにならないこと

 

1.5cmのバブル(12)を作ってください。

 

  

もう一つ1.5cmのバブル(13)を作って、こちらはしぼりひねりにしてください。

 

かなり柔らかめの3cmぐらいのバブル(14)を作ってください。

これは反対側の足への連結点になります。

 

先程の巻き戻し再生をするかのように、
1.5cmのしぼりひねり(15)、1.5cmのバブル(16)、柔らか6cmの輪ひねり(17)を
作っていってください。

 

  

そのまま3cmの足(18)、1.5cmのバブル(19)を作ったところで
9と19をまとめてひねり合わせてください。

 

  

輪ひねり(11)の中にバブル(9)としぼりひねり(13)を突っ込んでください。

 

  

同じく輪ひねり(17)にしぼりひねり(15)とバブル(16)を突っ込んでください。

白ウサギの足の作り方を思い出した方は正解です。

これで両の太ももが出来ました。

 

今の状態ではウサギというよりトカゲです。

 

  

余ったバルーンを3cmほど空気を残して結んでください。
これは背中(20)になります。

 

片手で両ももを押さえバブル(14)が胴体(7)にくっつくようにし、
バブル(20)の結び目をバブル(14)越しに
両腕のしぼりひねり(5、6)に巻きつけてください。

 

このときバブル(20)が細長く伸びていたら
両もも(11、17)は外に広がらずにすみます。

 

足(10、18)と尻尾(8)の位置を調整してください。
三つのしぼりひねりが倒れるようにすればウサギは立つことができます。

 

あとは目を描くなり、シールを作るなりして
ちっちゃいうさぎのできあがり♪

 

 

他のバルーンを作る

 

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.