キュッとバルーン

ワープ

 

強引にバルーンの継続地点を変える手法です。
風船の森では一筆書き破りという名で紹介されております。

 

例えばたらこひねりの状態から…

 

強引にバルーンを引き伸ばして反対側まで持って行きます。

 

たらこひねりの間の引き伸ばしたバルーンの空気が抜けると上図のような形になります。
これはいもむしの顔を作るときに使われます。

 

またバードボディーの状態からでも…

 

このようにバルーンをひも状にしながら渡していき…

 

ひねり合わせれば…

 

安定して継続地点を変えることができます。

 

ポイント:ねじりはちまきのようにバルーンをねじりながら空気を抜いていくとよい

 

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.