キュッとバルーン

バルーンは外の風に弱い?

 

さて、何とかバルーンの劣化を止めることはできないでしょうか?
風船の保存方法でバルーンは光、熱、空気に弱いと述べました。
確かに外でもらったバルーンは家に帰るころには
表面がガサガサになっているような気がします。

今回は空気に焦点を当てて検証してみることにします。

プードルを2匹作って実験してみました。

1匹は袋に入れて空気を遮断します。

 

そして2匹をベランダに放置。
タイの気候は日光、気温ともに半端ではありません。

結果はこのようになりました。

実験前

1時間後

1日後

3日後

どうやら袋に入れようと入れまいとバルーンは同じようにしぼんでいくようです。

しかしこの2匹には決定的な違いがあります。
それは表面の劣化具合です。

図を見たら分かるように、
袋に入れてないプードルは1時間もしない内につやが無くなるの比べて、
袋に入れている方はしぼんでもなおつやを保ったままです。

どうやらバルーンが外の風に弱いというのは本当のようです。

祭りとかでバルーンをもらって家に持って帰りたいときは
なるだけ風が当たらないよう袋に入れておきましょう。
そうすればつやを保って持って帰れます。

 

この章での結論

バルーンは外の風に当たるとたちまちツヤがなくなる。

日光に当たってもツヤは消えない。

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.