キュッとバルーン

いもむし

使う風船

260ピンク(頭、胴体) 1本
260赤(足) 1本

いもむしは風船を2本しか使わずとても簡単です。
胴体を作るパターンを覚えたらあとは楽なので、色を変えて作って楽しんでください。
小さいバブルをそろえる練習になります。

 

完成したらぜひ写真を投稿してみてください。

 

作り方はこの下より


260ピンクに空気を30cm、260赤に空気を20cm入れてください。

 

二つのバルーンを結び合わせてください。

 

260ピンクで2.5cmほどのバブル(1)を作ってください。

 

7cmが5cmに縮むぐらいのにぎりひねりでバブル(2)を作ってください。
これが頭になります。

 

続けて9cmが7cmに縮むぐらいのにぎりひねりで(3)をつくってください。
これが口にあたります。

 

2と3をまとめてたらこひねりにしてください。

 

そしてたらこひねり2と3の間をワープさせながら反対側に持ってきて
2.5cmぐらいのバブル(4)を作ってください。

 

そのまま4を裏側に回しこんで1と一緒にひねり合わせてください。

 

足を作る用意です。
赤を下に降ろしてください。

 

2.5cmのバブルを2つ(5、6)作って、たらこひねりにします。

 

ここからパターンに入ります。

赤を上に持ってきてください。

 

2.5cmのバブルを4つ(7、8、9、10)作って7と10でひねり合わせてください。

 

5cmほどのバブル(11)を作ってください。

 

これは裏から見た図です。
11を赤いバブルの輪(7、8、9、10)の中にくぐらせてください。
変形のバードボディーです。

 

横から見てこんな感じになったと思います。

 

前にある赤いバルーンを後ろにワープさせて、
ピンクと一緒にひねり合わせてください。
そしてまた赤いバルーンを上に持って来てください。
これで胴体が1節できました。

 

そして同じように赤い小さいバブルを4つ作って、
胴体をまた1節作ってください。

 

胴体を4~5節作ったら余ったバルーンの空気を抜いて
赤とピンクを結び合わせてください。

 

あとは目を描いて出来上がり♪

 

他のバルーンを作る

 

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.