キュッとバルーン

黒猫の顔の作り方

 

 

顔は顔本体、耳、首の三つに分けて作り方を説明していきます。
まず顔本体を作ります。


顔本体を作る順番としてはこんな感じです。

 

 

4と16は内部に隠れているので表からは見えません。


 

260黒2本に空気を40cmほど入れてください。

 

まずは一本目で作っていきます。

あご(1)を作ります。
3.5cmのバブルをしぼりひねりにしてください。

 

3cmのバブルをしぼりひねりにして鼻下(2)を作ります。

 

同じ要領で鼻下(3)も作ってください。

ポイント: この口と鼻の部分を小さく作るとネコらしくなる

 

260ピンクの切れ端で2cmの鼻を作ってください。(球型パーツの作り方参照)
2.5cmぐらいの緒にしてください。

 

先程作った鼻を鼻下(2、3)の部分に結び付けてください。

ポイント: 鼻も1、2、3に合わせて小さく作る

 

7cmが5cmに縮むくらいのにぎりひねりでバブル(4)を作ってください。

 

2.5cmほどのバブル(5)をしぼりひねりにします。

 

ここでもう一本の260黒をしぼりひねり(5)にくくりつけてください。
ここから2本同時に作業を進めていきます。

 

各5cmのバブル(6、7)を作ってください。

 

各2.5cmのバブル(8、9)をしぼりひねりにしてください。

 

9cmが7cmに縮むぐらいのにぎりひねりでバブル(10、11)を作ります。

 

バブル(10、11)を前側に持ってきて鼻元に絡めます。

 

前から見るとこんな状態です。
ほっぺらしくなってきました。

 

7cmが5cmに縮むほどのにぎりひねりでバブル(12、13)を作ります。

 

あご(12、13)を両端に持ってきて8、9のしぼりひねりの部分に
2、3回巻きつけてからめてやります。

 

後ろから見た図です。
9cmが7cmになるぐらいのにぎりひねりで14、15を作ります。

 

14、15を中央に引き寄せてしぼりひねり(5)に巻きつけてください。
6、7の上に乗っかるようにしてください。

 

前から見るとこんな感じです。
すでに気が付いているかもそれませんが、
上の段の10、11、14、15は7cmのバブル。
下の段の6、7、12、13は5cmのバブル。
それぞれの長さでしぼりひねり経由で正方形を作って
上下で組み合わせて4が対角線になって
それに鼻と口が付いているだけです。
こうやって見ると結構簡単な構造です。
この後やることはこの土台の上に簡単なテントの形を作るだけです。

 

あごの下から4をつかんで下の方に引きずり出してください。
6、7、12、13のある位置まで下ろします。
正面から見て4が見えなかったらOKです。

 

さて、
だいぶバルーンの余分が無くなってきたと思います。
次はしっぽがまだ長く余っている方のバルーンを使います。

 

7cmが5cmに縮むぐらいのにぎりひねりで
バブル(16)を作ってそのまま鼻元に巻きつけます。
バブル(16)はバブル(4)の上に乗っかります。

 

7cmが5cmになるぐらいのにぎりひねりでバブル(17)を作ります。
これがひたいになります。

ポイント: 猫のひたい程のとはよく言ったもの、バブル(17)は小さく作る

 

後ろの方で10cmが7.5cmになるぐらいのにぎりひねりでバブル(18)を作ります。
これは後頭部になります。

 

ひたい(17)と後頭部(18)をひねり合わせてください。

 

正面から見るとこんな感じです。

 

9cmが7cmに縮むくらいのにぎりひねりでバブル(19、20)を作ってください。
そしてそのまましぼりひねり(8、9)に絡めてください。

 

側頭部にあるバルーンをワープさせて後頭部のしぼりひねりに引っ掛けてください。

 

同じ要領でもう一方のバルーンもワープさせて後頭部のしぼりひねりに引っ掛けます。

 

双方のバルーンで3.5cmのバブルを作って2つをまとめてひねってください。

 

3.5cmのバブルをしぼりひねりにしたものを前後に作ってください。

 

  

余ったバルーンは切り捨ててください。

 

首のバブルが外に飛び出ているので6、7の間に上手く挟んで、
ネコがあごを引いて姿勢正しくしているようにしてください。

 

顔のベースが出来ました。

 

260白で3.5cmの目を2つ作ってください。(球型パーツの作り方参照)

 

目をはめ込みます。
目が鼻寄りになるように位置を調整してください。
かわいくなります。

 

ちょっと鼻と口が下を向いているので上に引き上げてください。
あごのバブルが両ほっぺで固定されると下に下がらないようになります。

 

次は耳を作ります。

 

160黒に40cmほど空気を入れてください。

 

9cmのバブル(1)を作ってください。

 

まず右耳を作ります。
バブル(1)を後頭部のしぼりひねりに引っ掛けてください。

 

3cmぐらいのバブル(2)を作ってください。

 

後頭部の中にバブル(2)を押し込み、7cmぐらいのバブル(3)を作ってください。

 

6cmぐらいのバブル(4)を作って側頭部のしぼりひねりに引っ掛けてください。

 

そして3点のしぼりひねりを通過させて反対側まで引き伸ばしてワープさせてください。

 

右耳の巻きもどし再生でバブル(5、6、7)をひねっていってください。
各6cm、7cm、3cmです。

 

そして後頭部のしぼりひねりに巻きつけてバブル(7)を後頭部内部に埋め込み
9cmのバブル(8)を作って残り部分を切ってください。
ひもを2、3cm残しておいてください。

 

1、8のひもの先をそれぞれの耳の先に結び付けてください。
1、8の根元を少し後頭部の中に埋め込んでください。

 

バブル(4、5)の根元を少し後ろに寄せてください。

 

160ピンクで上図のようなウズラの卵ぐらいの大きさのバブルを
柔らかめに2つ作ってください。

 

それを耳の中に入れてください。

ポイント: 耳のピンクは外に飛び出ないように小さく柔らかく作る

 

さて、次は目に瞳を入れていきましょう。

瞳を入れます。
青のビニールテープを丸く切って目に貼り付けてください。
目のシールの作り方参照)

ポイント: 目は図のように鼻に近づくように貼ってやると力強くなる

 

瞳孔を入れます。
黒のビニールテープを米状に切って青い瞳の中に貼り付けてください。

 

瞳に光を入れます。
白いビニールテープを小さい丸に切って青い瞳の淵に貼り付けてください。

ポイント:どんなキャラクターでも目に光を入れた途端、急激に生気が出てくる

 

これで顔の完成です。
長かった戦いも次で終わります。

 

NEXT 黒猫の仕上げ

 

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.