キュッとバルーン

ハムスターの体の作り方~仕上げ

 

 


作る順番は割愛します。


頭の横についている1本目の風船を引き伸ばして後頭部のしぼりひねりまで持ってきます。

 

 

2本目も同じように後頭部に持ってきてください。

 

1本目を切って後頭部のしぼりひねりに巻きつけて収めてください。
ちなみに一番短くなっているのが1本目です。

 

4本目です。
260サイズの風船を40cm空気を入れてください。

 

  

4本目を3本目と反対側のしぼりひねりに引っ掛けてください。

 

今こんな感じになっています。

 

 

3本目と4本目で2cmのバブル(1、2)を作ってください。

 

続けて1.5cmのバブル(3、4)を作ってしぼりひねりにしてください。

 

  

2cmのバブル(5、6)を作って一緒にまとめてください。

 

11cmが10cmに縮むぐらいのにぎりひねりでバブル(7)を作ってください。

 

  

もう一本で同じ要領でバブル(8)を作ってまとめてひねりあわせてください。
これでお腹ができました。

 

14cmが12cmに縮むぐらいのにぎりひねりでバブル(9)を作ってください。

 

  

右の背を作ります。
バブル(9)をしぼりひねり(3)に引っ掛けてください。

 

  

同じようにもう一本で左の背を作ります。
そしてそのまま しぼりひねり(4)に引っ掛けてください。

 

  

6cmぐらいのバブル(11)を作って後頭部のしぼりひねりに引っ掛けてください。

 

  

そのまま側頭部のしぼりひねりにワープさせてください。

 

  

もう一本も同じようにバブル(12)を作って後頭部のしぼりひねりに引っ掛けて、
さっきと反対側の側頭部のしぼりひねりに引っ掛けてください。

 

  

16cmが14cmに縮むぐらいのにぎりひねりでバブル(13)を作って
残りを空気を抜いて縛ってください。
しかし残った部分を切り取ってはいけません。まだ使います。

 

バブル(13)を9、10ではさむ様にお尻の方まで下ろして、
そのままひもを喉元までまわしこんでください。

 

  

そして貫通するようにひもを後頭部のピンチに巻きつけてください。

 

 

 

手を作ります。

一番長い4本目を使います。
9cmが8cmに縮むぐらいのにぎりひねりでバブル(1)を作ります。
これが腕になります。

 

そして2cmぐらいのバブルを作ってしぼりひねりにして
指(2、3、4、5、6、7)を次々に作っていってください。

 

  

短い3本目はもう用済みなので空気を抜いて側頭部のピンチに巻きつけてください。
そしてそこに腕を引っ掛けてください。

 

 

ここから仕上げです。

耳の向きを調整してください。

 

指の揃いを調整してください。

 

ひまわりの種を作ります。

250黄の先っちょの部分を使います。

 

ちょっとだけ空気を入れてひまわりの種の形になるように結んでペイントしてください。

 

ハムスターに持たせます。

 

  

真ん中の背中のバブルの上側だけ下に潜り込ませます。
これでハムスターの喉元が引き締まります。

 

太ももの輪ひねりのバブルを背中とお腹のバブルではさんで埋めてください。
足の角度を調整したら立ったり座ったりさせることができます。

 

ハムスターの出来上がりです。

 

他のバルーンを作る

 

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.