キュッとバルーン

ミッキーの手の作り方

 

 


作る順番としてはこんな感じです。

手の甲側

手の平側

 


160黒で15cmぐらいの腕のパーツを作ります。
後で真ん中をねじりますので少しやわらかめに作りましょう。
手を付けるために、両端に1cmほどのひもを残しておいてください。
ひもの先っちょはこぶ結びにしておけばよいでしょう。

   

160白に40cmほど空気を入れてください。
こいつで手を作ります。

 

手首(1)を作ります。
先ほど160黒で作った腕の先のひものこぶ結びの部分を
160白のしばり口の部分に押し付けてそのままアップルリンクで繋げてください。
手首(1)は2.5cmぐらいです。

 

人差し指(2)と小指(3)を作ります。
各7cmのバブルを作って、たらこひねりしてください。

 

中指を作ります。
中指は手の平側(4)と手の甲側(5)の二つのパーツからできております。
二つとも人差し指(2)と小指(3)と同じように7cmぐらいで作りますが
手の平側(4)はプニプニで細くなるように、強めのにぎりひねりで作っておきます。
そのまま2、3のたらこひねりに立てに巻きつけるように7cmのバブル(5)を作ります。
そして手首との付け根に巻きつけて固定してください。

 

手の平側が平らになるようにバブル(4)を押し込みます。
4はプニプニのほそほそに作っているので簡単に2と3の間におさまります。

ポイント: 4は細ければ細いほど良い

 

手の平、手の甲を作ります。
6、7、8、9とひねっていき、6と9を手首のところでまとめてひねります。
バブルの大きさはそれぞれ3cm、1cm、5cm、3cmぐらいです。
7はしぼりひねりにしておきます。

ポイント: バブル(7)は小さければ小さいほど良い

 

親指を作ります。
1→7まで10をワープさせてしぼりひねり(7)にからめてください。

 

親指(10)は4cmぐらいです。

 

次は指(2、3、4、5)と手首(1)を6、8、9の輪の中にはめてやります。

6と9を引き出すような感じです。
カッチリとはめてください。これが重要です。
7のしぼりひねりで親指の向きを調整してください。
これで右手は完成です。

 

同じ要領で左手も作りましょう。
これで手は完成です。

 

ポイント:
左手が右手にならないように親指の位置をチェック
コツは6、7、8、9を作るとき逆の向きで作ること。

 

NEXT ミッキーの顔の作り方

 

 

 

Copyright © 2007 キュっとバルーン All Rights Reserved.